講師紹介(一部公開 五十音順)

伊津野亮(ラジオDJ・パーソナリティーコース担当)

タレント・ナレーター・声優 日本テレビ「SPORTS MAX」・三宅祐司のドシロウト・(秘)のひらめ筋、テレビ朝日「ぷっ」すま・「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!」などのナレーション、ワールドプロレスリング、WWF東京ドーム大会、世界自転車選手権の実況アナウンサーなどテレビ番組での活躍は多数に亘る。「BAY LINE 7300」「RADIO JAPAN〜SATURDAY NETWORK〜」「さわやかスタジオ」などのラジオ番組のパーソナリティーを務め、誰もがどこかで聞いたことのある「あの声」の人である。

加藤昌孝(タレント・俳優コース担当)

演出家・脚本家・ディレクター 映像ディレクター/プロデューサーとして、フジテレビ「海ごはん山ごはん」、毎日放送・TBS「優雅なエゴイズム」、CS朝日「NTTマルチメディア・スペシャル」、SkyPerfecTV!「GOIKUN」「プロフェッショナル・レッスンシリーズ」「Echos Of Sea」「a rest」など、多数の番組の総合演出を行う。その他にもCM制作やPV制作にも携わり、劇団PICWICKの主宰も務める。番組や舞台の構成・演出・出演・舞台美術など幅広く担当


きゃんひとみ(ラジオDJ・パーソナリティーコース担当)

DJ・MC・リポーター・声優 「TOKYO BAY LINE 7300」「OLEっち」「NHK-FM」などのラジオ番組パーソナリティーとして長年に亘り活躍。日本TV「今日の出来事」のお天気コーナー、「ニュースプラス1」、NHK「おーいニッポン」、WOWOW「特集サザンオールスターズ」でキャスター・レポーターを務める。NHK「忍たまがやってくる」、金曜エンタ浅見光彦シリーズ19「ユタが愛した探偵」、02年琉球放送復帰30周年記念特番総合司会、海外ドラマアテレコ、番組ナレーションなど数多くのテレビ番組に出演する。芝居・歌劇「恩納ナビー今を生きる」で舞台、アーティストとして「琉球歌人三姉妹」でのライヴ、映画「八月のかりゆし」出演など、活動の幅を広げている。

佐々木勉(Vocal・アーティストコース担当

ヴォイストレーナー・VOICE STUDIO代表 スタジオヴォーカリスト、関西歌劇団のソリストとして活躍後、劇団四季に俳優として入団。「美女と野獣」出演のほか、音楽担当として劇団員の指導も行う。独自の「佐々木メソッド」を確立し、MISIA、加藤ミリヤ、SPEED、dorlis、上戸彩(Z-1)、ペニシリン、MAX、MEGUMIや松嶋奈々子などの多数のアーティストを指導育成する。業界に約400名を輩出している。


佐東龍一(ダンスクラス・タレント・俳優コース担当)

ダンサー・振付師「パフォーマンスグループteam躍動」リーダー パフォーマーとして南 流石・香瑠鼓・パパイヤ鈴木という振付家と共に舞台、CM等の出演を重ねる。現在はパフォーマンスグループteam躍動のリーダーを務める。更にダンスボーカルユニットBoLALuzを結成し、1stデビューアルバムを全国発売。「Kiroro」PV、「19(ジューク)蒲公英」PV出演、NHK紅白「鈴木あみ」ダンサー出演、「広瀬香美」PV振付、YOSHIKI(元X−JAPAN)プロデュース米国女性アーティスト「DAHLIA」振付担当,、「タモリの音楽は世界だ」「二十歳の約束」浅井役「上を向いて歩こう」「嫁の出る幕」「家なき子2」「神様もう少しだけ」などのTV出演で知られる。

嶋田ちあき(タレント・俳優コース担当)

メイクアップ・アーティスト「ヴィエルジュ」主宰 1979年より、フリーのメイクアップ・アーティストとしてファッション、コマーシャルを中心にタレント、女優、モデルのメイクアップを数多く手掛ける。女性誌のビューティーページや表紙でいつも評判のモード性を取り入れたメイクと、その人の個性を引き出すバランス感覚で、多くの女性から支持されている。著書に「美のレッスン」、「ベースメイクの掟」、「アイメイクの掟」、「エイジレスビューティ」などがある。選び抜いたコスメだけを通信販売するシステム「嶋田ちあきメイクアップカタログ」を展開し、「嶋田ちあきメイクアップアカデミー」ではプロのメイクアップアーティストの養成を行っている。

菅野こうめい(タレント・俳優コース担当)

演出家 1986年「小堺クンのおすましでSHOW」の演出家としてデビュー以来、ショー、ミュージカル、コンサート、博覧会や大型スポーツイベントなど、ジャンルにとらわれずに的確な演出力を発揮。中山美穂、加山雄三、倍賞千恵子、大地真央、服部克久などのコンサート、V6の坂本昌行主演のブロードウエイミュージカル「Footloose」の翻訳・訳詞・演出をはじめ、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などテーマパークの総合演出家をつとめるなどその活躍は多岐にわたる。「東寺ガラコンサート2001」、「2002FIFA WORLD CUP決勝戦前夜祭」、東京ドームにおいて、スノーボード競技と音楽LIVEを融合させた大型スポーツエンターテイメント「X-TRAIL JAM」の総合演出も5年連続でつとめるなど大会場でのスケール感あるイベント演出にも定評がある。「津軽三味線 吉田兄弟コンサート 」では米国公演も果たした。

鈴木一男(ラジオDJ・パーソナリティーコース担当)

ラジオ番組制作会社「SKプランニング」代表 1985年にSKプランニング設立。ニッポン放送、J-wave,NACK5、bay-FM、FM横浜などのレギュラー番組企画・制作やイベント企画など、ラジオ業界において確固たるポジションを得ている。BAYFM TOYKO BAYLINE7300ではFM初の電リク帯番組企画制作を行い、全国の路上ミュージシャンの着メロサイト「路上魂」の企画運営、「サザンオールスターズ10時間特番企画制作」「松任谷由美10時間特番企画制作」など、斬新な手法を展開している。
SKプランニングホームページ

トミー染川(作家マネージャー 「トライエックスミュージック社」代表)

プロデューサー ヤマハ日吉センターに入社、杉山清貴&オメガトライブ、横浜銀蝿などを世に送り出す。その後、作曲家・アレンジャー・作詞家のマネージメント業務を行い数多くのアーティストと仕事をする(尾崎豊・氷室京介・槇原敬之・佐野元春・大江千里・稲垣潤一・渡辺美里・藤井尚之・広瀬香美など)アマチュア音楽家と音楽レコードビジネスを結びつける「総合音楽ビジネスネットワーク」を目的に(有)トライエックスミュージック社を設立する。

浜渦ひろし(Vocal・アーティストコース担当)

ヴォイストレーナー・ヴォーカリスト 音楽家の父のもとで声楽の英才教育を受け東京藝術大学在学中からオペラ「フィガロの結婚」「鬼打ち猿丸」他、ステージ、イベントなど多数参加。卒業後は海外での公演や世界一周クルーズ・台湾クルーズにプレイヤーとして乗船するなど、国内外、ジャンルを問わず数多くのイベント、ステージに出演。また大阪朝日放送にて甲子園全国高校野球大会出場校の校歌レコーディングなどスタジオミュージシャンとしても多数の生徒を指導し活躍している。

増沢正康(Vocal・アーティストコース担当)

音楽プロデューサー 東芝EMI、パイオニアLDC、BMGファンハウスでアーティストのプロデュースを担当し、高橋幸宏(YMO)、高野寛、ペニシリン、SADSなどを手掛ける。コロムビアミュージックではディビジョンプレジデント・常務執行役員として,一青窈、チャコールフィルター、ニトロ、ROSSO、松山千春、クラムボン、他多数のアーティストを統括。TOKYO LIPS PRO(現bouncy records、販売元(株)ポニーキャニオン)代表取締役を経て、ShineFactory設立。

松本一起(作曲家・作詞家コース担当)

作詞家 鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」、矢沢永吉「夢の彼方」、class「夏の日の1993」などの数多くのヒット曲や、JAL、サントリー、資生堂、明治製菓などのCM曲、「極道の妻たち・2」、「きけ、わだつみの声」などの映画楽曲を手掛ける。「恋についての100の質問」「40%理解しあえたら結婚しよう」など小説やエッセイも出版し、雑誌「じゃらん」「モニク」などの連載でも有名。その他テレビやラジオの出演など幅広く活動中。音楽・芸能業界に長く深く貢献している。

莉花(タレント・俳優コース担当)

モデル CM、ファッション誌、ショーなどで多分野で活躍中。テレビでポスターで見る「あの顔」です。主な出演・掲載暦は、 NTT「フレッツドットネット」、大和証券「ダイワダイレクト」 200人のサポート篇、アサヒビール(株)本生「クリスマス」篇、日本リーバ「ダヴ ボディウォッシュ」、オリエントコーポレーション「Oricoカード」、エプソン「インターカラー」、TTNet「東京電話」、三菱自動車「ランサー」、WILL、花王ソフィーナラスティングファンデーション、サンウエーブ「システムキッチン」カタログ、松坂屋ポスター、サントリーリキュール雑誌広告、ソニー「VAIO」カタログ、カゴメリゾット雑誌広告、ファンケル化粧品、 MART(光文社)、MINE(講談社)、Domani (小学館)、Grazia(講談社)、FRaU(講談社)、VISIO mono(ワールドフォトプレス)、GINZA(マガジンハウス)、anan(マガジンハウス)、oggi(小学館)、25ans(婦人画報)〜など多数。